ETC車載器のある車で高速道路を利用したら、ETC割引というものが適用されます。

ではバイクでETCを利用した場合、割引制度は適用されるのでしょうか。

バイクで高速道路をETC利用した場合、どうなるのか調べてみました。

バイクもETCカード割引適用!

バイクでETCカード専用車載器を付け、ETCカードを使えばきちんとETC割引は適用されます。

東京~大阪間を午前0時から4時の間に利用すると30%還元されます。

利用する日や時間によって、30%~50%の割引がありますので、ぜひバイクでもETCカードを利用しましょう。

バイクにETCを取り付けると、金額はどれくらい必要?

バイクのETC車載器は車のものより高いと言われています。

だいたいですが、車載器が30000円前後、取り付け費が10000円前後、セットアップ代が3000円前後かかりますので43000円くらい必要になってしまいます。

ほとんど高速道路を利用しないのなら取り付けない方が良いかもしれませんが、遠出を良くするのであれば取り付けて割引を適用した方が良いでしょう。

車載器もキャンペーンを利用してお得に設置!

ETC車載器も、キャンペーンなどの期間に購入すれば割引価格で購入できる時があります。

何度か長距離のツーリングに出かけたら、十分に元は取れるでしょうから、バイクにETCを取り付けるかどうか迷っている人はぜひ取り付けてください。

趣味がツーリングで長距離をどんどん走るという人には、ETC車載器は必須アイテムと言えるかもしれません。

それに伴うETCカードは、年会費無料のものを作れば費用がかからずに済みますよ。

コメントは受け付けていません。 バイクでETCカードを使う

Comments are closed.