高速道路でETCを利用する車がどんどん増えています。

しかし高速道路をバイクで通行する人はETCはどうなっているのでしょう。

車用のETC車載器は付けられませんよね。

バイク用のETCについて調べました。

バイク用のETCカードはあるの?車載器はどこにつけるべき?

バイクのどこにETC車載器を取り付けたら良いのでしょう。

バイク用のETC車載器は、ハンドルに取り付けるアンテナ一体型とカードリーダーをシート下に収納できるアンテナ別体型があります。

取り付け費用は、アンテナ別体型の方が配線の都合で高くなります。

バイク専用のETCカードを準備する前におすすめは一体型お車載器。

バイク用のETCのおすすめは一体型です。

最新のものだとかなり薄型になっていますのであまり気になりません。

ETCカードも挿入しやすいので使いやすくなっています。

取り付けは車と同じでカー用品店などETC車載器を販売しているところになります。

バイクの車載器はやや高めの金額設定。

バイクのETC車載器は、車に比べるとやや高めになっているようです。

バイク市場が車に追い付かない状態ですし、ETC車載器を作っているメーカーが少ないのです。

製造コストも高くなるために、どうしても値段が高めになってしまうようです。

しかし、バイクで遠くへツーリングする人も、快適に高速道路を利用したいですよね。

料金所で一時停止するのも面倒ですから、やはりETC車載器とETCカードはそろえておきたいものです。

ETCカードを利用して快適にツーリングを楽しむようにしましょう。

車用のETC車載器を無理やり取り付けてはだめなのかと言う人もいるようですが、それはおすすめできません。

コメントは受け付けていません。 バイクでETCカードを使う

Comments are closed.