有料道路には必ずある料金所。

行楽日和の日に通る料金所は、大抵長い行列ができていたりしましたよね。

渋滞は、ドライバーをイライラさせる上に排気ガスや騒音など、様々な問題を抱えていました。

深刻化したこの問題の解消のため導入されたのがETCです。

平成5年に研究が始まり、約10年を経て、ほぼ全国の有料道路で使用されるまでになったのだとか。

ETC導入後の調査によると、全国の高速道路の料金所では、ETC利用者の増加に伴って、クルマの渋滞は予想通り大幅に減少したのだそうです。

またETCは、渋滞の解消だけでなく、クルマの燃費の向上や排気ガスの削減など様々な形で貢献してきました。

ETCは、クルマに取り付けた車載器が、料金所のアンテナと無線で交信することで、料金所をスムーズに通過することができるというシステムです。

通行料金は、ETCカードのクレジット機能を利用して、後払いで支払うことになります。

また、車載器がどこのメーカーであっても、ETCカードがどこの会社から発行されたものであっても、組合せに関係なく利用することができます。
-参考サイト情報-ETCカードの作り方と基礎知識 | クレジットカード研究Lab

また、ETCカードを所有している人なら、車載器が取り付けられた車両なら、どの車両であっても利用可能です。

例えば、旅行先でレンタカーなどを運転するような場合も、自分のカードを挿入して使用することができるため、とても利用しやすいシステムです。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.